プロフィール

スタッフ

はじめまして。居酒屋あんじ麩屋町店の林です。

日々の仕事のことや、色々なことを熱く、そして楽しくつづります。

よろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2008年1月22日 (火)

あぶらぼうず入荷

本日、岩手県宮古産の「あぶらぼうず」入荷しましたscissors


このお魚、去年京都府ではやっと解禁されて食べられるようになりました。

と、いうのも脂がのっていて旨いshine

けど、食べ過ぎるとお腹をこわしてしまうからsweat02


北海道などでは、条例もあるお魚…


でも、旨いheart04

白身のトロとも呼ばれるこのお魚、この機会にぜひshine

2008年1月21日 (月)

もずく

飽和脂肪酸を含むもずくは、現代人には大切な食材のひとつ。


ほかの海草と同じで、冬と春にかけてが旨い時期。


と、いうか夏場には枯れてしまうのですが…

今が、まさに食べ時shine


酢も体にええし、ええこと尽くしhappy01


もずく。ええねえheart04


「藻付く」が語源らしい。


もずくの表面のぬめりは美肌効果もshine


さあ、もずくが気になってきたでしょうhappy01


明日も、もずくありまーすshine

もずくの宣伝でしたhappy01

2007年12月27日 (木)

八角

たまーに入荷するんです。「八角」


北海道の小樽ではポピュラーな魚なのですが、関西での知名度は低い。

「北のふぐ」


とも呼ばれるこの魚、硬い鎧のような皮の下には


真っ白でキレイな身がheart04

その外見の悪さからは想像も出来ない上品な味わいにみんながとりこにshine

飽食の時代とか呼ばれて、確かに色んな料理や食材にすぐ手が届く。


だからこそ、忘れてはいけないことがある。


奇をてらうのではなく、食材に感謝して美味しく仕上げる。


それこそが、大事だと思っています。

誰もができることを、誰よりも真剣に。


それを、一流と呼ぶのではないでしょうか?

一流になりたい、三流サービスマンのご飯ですヨでした。

2007年12月 2日 (日)

生牡蠣

生牡蠣…最高ですheart01


当店では、北海道の仙鳳跡産の生牡蠣を提供中shine


ただ、最近カキ離れがすすんでいるようですsad


ひとつは、夏場の気温上昇で広島県のカキが、激減していて、値段が高いsad

二つ目は、前年、前々年のノロウイルス騒ぎsad

三つ目は、単純にあたったことが有る人が周りに多いからsad


などなどで、少しずつカキ愛食家が減っていますangry

寂しいばかりですsad

その昔、大阪に広島から船で運んで、川の土手で鍋を売っていたのが、「土手鍋」の発祥らしいです。

自然のエキスが一杯のきれいな川の河口で育つカキshine


もう一度、あたったことがある人も食べて欲しい。


ぜひ、当店でshine


って、宣伝でしたhappy01

2007年11月10日 (土)

毎日魚を見ています。


で、ふと顔の違いを感じる時がある。

人間と同じで、魚にも同じ種類でも顔が全然違うのが結構居てます。

同様に、身の締まりも違う。


で、思い出しました。

この前、喜多酒造の社長さんが仰っていた言葉なんですが、


「観る」と「見る」は違う。

「見る」は、ただ見ているだけで、「観る」は、考えながら見ている。

日々、見過ごしていた物事や、ただ見ていただけのものを、じっくり観る。

結構、面白いですよ。

色々な物事への興味がどんどん湧いてきます。


時間が無い人も多いとは思いますが、たまには「観る」を意識してみてはhappy01

僕は、酒のラベルをよく観ていますshine

漁港直送 海鮮酒場 あんじ 麩屋町綾小路店 のサービス一覧

漁港直送 海鮮酒場 あんじ 麩屋町綾小路店